ホーム > 看護協会の活動 > 看護師職能委員会
  • 看護協会の活動
  • 保健師職能委員会
  • 助産師職能委員会
  • 看護師職能委員会

  • 支部活動

看護師職能活動

看護師職能委員会は、看護師職能が抱えている問題を明らかにし、解決のための検討を行いながら、質の高い看護が提供できるよう、看護師を支援することを目的として活動しております。

近年、看護の提供は病院内にとどまらず、多くの領域において益々看護の力が必要とされています。このような状況の中、本委員会は、現場の問題や課題に取り組むため、病院領域と介護福祉関係施設・在宅等領域の2つのグループを立ち上げ活動を行っています。

平成29年度活動計画

  1. 1.看護の専門性の強化
  2. 2.働き続けられる労働環境づくり
  3. 3.医療機関で働く看護職と介護保健施設で働く看護職との連携
  4. 4.組織強化

平成28年度活動内容

看護職の専門性の強化
  1. 看護師職能集会(平成28年9月24日)
    テーマ:地域における看取りの体制づくりと連携~人生のハッピーエンドを支える~
  2. 専門性強化のための研修会(平成29年1月7日)
    テーマ:「看護師のクリニカルラダー」の基本的な考え方と活用
働き続けられる労働環境づくり
  1. ワークライフバランス推進事業への協力
高齢者施設で働く看護職との連携
  1. 高齢者施設で働く看護師の交流会(平成29年2月25日)
    テーマ:認知症高齢者ケアの現状と課題
組織強化
  1. 看護師職能ニュースのホームページ掲載
  2. 支部・3職能合同研修会開催(南部・東部・西部3ヵ所で開催)

    (1)研修会
    テーマ:「看護職のための認知症の理解とケア」
    (2)看護協会活動報告及び新情報提供

これからも皆様方のご理解とご協力のもと本会の役割を果たしていければと思います。
ページの上に戻る
公益社団法人 徳島県看護協会