ホーム > 看護協会の活動 > 助産師職能委員会
  • 看護協会の活動
  • 保健師職能委員会
  • 助産師職能委員会

  • 看護師職能委員会
  • 支部活動

助産師職能委員会の活動

助産師職能委員会では、すべての妊産褥婦と新生児に助産師のケアを提供し、妊産褥婦と新生児及びその家族の健康な生活の実現に貢献することを目的に活動しています。

平成29年度の活動計画

  1. 1.助産師職能委員会 :6回/年
  2. 2.助産師職能集会(助産師職能委員会活動の周知):2回/年
  3. 3.研修会
    1. 第1回:日時・講師未定 メンタルヘルスについての研修を予定しています。
      第2回:日時・講師未定 保健師職能委員会と合同の研修を予定しています。

平成28年度の活動

助産師の専門性の向上
  1. 1. 研修会開催

    「骨盤ケアについて」(平成28年10月8日開催)
    みさ子助産院の原田美佐子先生を講師にお招きし、研修会を開催しました。妊産褥婦さんに対して個別的に骨盤ケアを行い支援していくことが大切であることをお話していただきました。

  2. 2. 中国・四国ブロックワークショップの参加

    平成28年9月4日(日)、愛媛県看護協会看護研修センターにて「平成28年助産師の実践能力認証‒ CLoCMiP活用推進ワークショップ 」が開催され、徳島県から13名の助産師が参加しました。

  3. 3. CLoCMIPレベルⅢ認証に向けての推進

    アドバンス助産師1万人を超える!!
    2016年度の認証者数は、5,440人で、昨年に引き続き 5,000人を超える助産師が「アドバンス助産師」として認証されました。昨年の5,562人と合わせると合計1万1,002人となりました。徳島県は62人が認証を受け、就業助産師に対するアドバンス助産師の割合(27.7%)が全国1位となりました。

  4. 4. 支部・3職能合同研修会開催

地域母子保健活動の推進
  1. 1. 保健師・助産師合同研修会 (平成29年1月30日開催)

    子どもと子育て世代を対象にした地域包括ケアの推進に取り組んでいる活動を報告して頂きました。妊娠期、出産直後、子育て期に至るまでの切れ目ない支援は、虐待予防の推進につながります。

  2. 2. 次世代育成イベント「おぎゃっと」協力
ページの上に戻る
公益社団法人 徳島県看護協会